トップ > 診療科・部門 > 診療部門一覧 > 人工内耳センター

診療科・部門

人工内耳センター

      
センター長宇佐美 真一

業務内容

人工内耳は補聴器では十分補聴できなかった高度難聴患者の治療法としてますます重要になっています。しかしながら人工内耳の効果を十分に引き出すためには手術の後、プロセッサーの調整や言語のリハビリテーションが必要です。信州大学病院では全国に先駆け「人工内耳センター」を開設し個別のリハビリテーションプログラムを提供しています。

▲このページの先頭へ
▲このページの先頭へ